はらすみじ・ほんだみのるきねんかん原澄治・本田實記念館

文化・芸術

原澄治は倉敷天文台を創設した人物で、天文台創設は特筆される事業であり、他にも多くの功績を残しています。その倉敷天文台は、大正15年に開設し、当時一般の人々が望遠鏡で空を望むことができなかった時代に、広く一般に開放し、”天文一般知識を普及すること”を目的とし、現在に至っています。
本田實は、新彗星12個・新星11個と記録的な天体発見をしました。この記録は倉敷天文台というバックグラウンドと星をこよなく愛する本田實の情熱・努力の賜物です。
当記念館ではその二人を偲び・物語る品々が多数展示されています。また、大正15年の開設時にイギリスより購入した32cm反射望遠鏡も展示してあり、その姿は、当時を彷彿させる一品です。
原澄治・本田實記念館は平成5年(1993)11月21日にオープンしました。
※要予約
館員が常駐しておりませんので事前にご連絡下さい。
住所 岡山県倉敷市中央2丁目19-10
問合せ先 086-422-0001(呼)
営業時間 13:00~17:00(月・水・金)
定休日 土、日、祝日、夏期休暇中、年末年始

転載:倉敷観光WEB

「原澄治・本田實記念館」への行き方を調べる(Googleマップへ移動します)

当ポータルサイトは一部の地図表示に「国土地理院地図」を使用しています。
地図上に表示している地点を示すマーカーの位置はあくまで参考情報となり、正確な地点表示を保証するものではございません。
また、当サイト内の掲載内容によって生じた損害については一切の責任を負いかねます。


X

宿泊予約