くらしきしりつびじゅつかん倉敷市立美術館

文化・芸術

美術館の建物は、日本を代表する建築家・丹下健三氏が1960年に倉敷市庁舎として設計したもので、1983年に美術館として再生しました。
丹下は、伝統と共存し新たに市民のよりどころとなるような建築を目指したといいます。鉄筋コンクリート造で、3階建てながら5階建て分の高さがあり、横に掛け渡された約20メートルの梁とそれを支える太い柱と厚い壁が雄大なスケールを誇っています。

美術館のコレクションは、倉敷市ゆかりの日本画家・池田遙邨(ようそん)の作品が充実。このほかに洋画家の坂田一男、斎藤真一、木工芸家の大野昭和斎らの郷土ゆかりの作家たちの作品を収蔵しており、コレクション展でテーマにそって展示替えをしながらご紹介しています。
住所 岡山県倉敷市中央2-6-1
問合せ先 086-425-6034 ※記載事項その他詳しくはこちらへお問合せください
営業時間 9:00~17:15(入館締切16:45)
定休日 月曜日(祝日の場合翌日)、12/28~1/4
関連サイト http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=11459

転載:倉敷観光WEB

「倉敷市立美術館」への行き方を調べる(Googleマップへ移動します)

当ポータルサイトは一部の地図表示に「国土地理院地図」を使用しています。
地図上に表示している地点を示すマーカーの位置はあくまで参考情報となり、正確な地点表示を保証するものではございません。
また、当サイト内の掲載内容によって生じた損害については一切の責任を負いかねます。


X

宿泊予約