くらしきこうこかん倉敷考古館

文化・芸術

1950(昭和25)年、江戸時代の土蔵作り米倉を改装して開館。今では考古館の建物は、倉敷を象徴する倉として、ポスターや切手をはじめ、様々なデザインにも使用されており側面壁の貼り瓦の美しさも注目を集めています。
内部の展示品は、「吉備」地方である岡山県と周辺一帯を中心にした遺跡から発見された遺物が中心で数多くあります。
遺物は旧石器時代から鎌倉・室町時代にも及びますが、中でも大変珍しいものとしては、台付家形土器・金蔵山古墳出土の様々な鉄器・奈良時代の墓地買地券・国指定文化財の三彩壷などが有名で、寄託されている南米ペルーの古代土器もあります。
住所 岡山県倉敷市中央1-3-13
問合せ先 086-422-1542 ※記載事項その他詳しくはこちらへお問合せください
営業時間 9:00~17:00(入館締切16:30)
定休日 月、火曜日(祝日開館)、年末年始
関連サイト http://ww51.tiki.ne.jp/~kura-kouko/

転載:倉敷観光WEB

「倉敷考古館」への行き方を調べる(Googleマップへ移動します)

当ポータルサイトは一部の地図表示に「国土地理院地図」を使用しています。
地図上に表示している地点を示すマーカーの位置はあくまで参考情報となり、正確な地点表示を保証するものではございません。
また、当サイト内の掲載内容によって生じた損害については一切の責任を負いかねます。


X

宿泊予約