こうはちまんぐう鴻八幡宮

歴史・神社・仏閣

創立は、「大宝元年(西暦701年)宇佐より勧請す」と社伝にある。古来、倉敷市児島上の町、下の町、田の口、唐琴(江戸期の「鴻の郷」)の総氏神として崇められ、厄除、殖産、交通安全(空海陸)の守神として広く崇敬されており、備前藩の吉備温故秘録に、この宮に伝わる「鴻の鳥」の伝説が詳述され、以来、社名は「鴻の宮」とも言われたと記されている。
例大祭の10月第二日曜日には、17台の「だんじり」と1基の千歳楽が宮入する。「だんじり」は、坂道参道(約70m)を三~四百人の氏子によって曳き上げられる。「だんじり」のお囃子(しゃぎり)7曲は、篠笛、胴長太鼓、締太鼓、鐘、鼓によって奏でられる。(岡山県指定重要無形民俗文化財)
神宝「建武三年(西暦1336年)丙子正月二十九日慶尊」銘の狛犬は、妙法院宮宗良親王(尊澄法親王)の御寄進と伝えられ、倉敷市より重要文化財に指定されている。(旧 県社)
住所 岡山県倉敷市児島下の町7-14-1
問合せ先 TEL 086-472-3125
定休日 原則的になし

転載:倉敷観光WEB

「鴻八幡宮」への行き方を調べる(Googleマップへ移動します)

当ポータルサイトは一部の地図表示に「国土地理院地図」を使用しています。
地図上に表示している地点を示すマーカーの位置はあくまで参考情報となり、正確な地点表示を保証するものではございません。
また、当サイト内の掲載内容によって生じた損害については一切の責任を負いかねます。


X

宿泊予約